世界のダイビングクルーズの予約承ります。

オリジナルホームページの 世界のダイビングクルーズをご参照下さい。


入門編はスミラン諸島

 日系のダイブサービスが実施する、3泊~6泊のスミランクルーズ。
日本出発日にプーケットまで飛び、宿泊せずに乗船・出港なので短い日程で可能です。

 

外れのないモルディブ

 リゾートが高級化していく中、ダイブクルーズにお得感が出てきています。日本人好みのガイディングで好評な日系クルーズの他、Mantiri、Aggressor、Emperorも就航。

そして、もっと遠くへ

 東にははガラパゴス、ココ島、ソコロ諸島。西は紅海やアフリカ。南太平洋のタヒチ、ソロモン、グレートバリアーリーフ。インドネシアの海はラジャアンパットからウエ島まで広大です。


世界中のLiveaboardをチェック

 

 

当社からオンライン予約、予約状況即答可能 な三社。

  • 一番知られているのはAggressor Fleet。近年、アジアが増えてます。
  • Master Liveaboard は ガラパゴス、チュウク。タヒチ、ソロモン、紅海...
  • Silen Fleet もはフィリピン、パラオ、インドネシア。

 

よその国のダイブクルーズ扱い会社。

一応、競合している会社にはなるのですが同じ価格なら日本の会社に予約しますよね。

 

  

ダイブクルーズならではの注意事項

  • 予約の始点では予約金は不要です。予約して止めてもキャンセル料は掛かりません。
  • 予約後1.2週間以内に予約金を支払い、正式予約となります。
  • 予約成立後のキャンセルは予約金が没収されます。
  • 残金の支払いは早い会社では出発90日前までとなります。
  • 残金支払後のキャンセルは全額没収となります。
  • クルーズがキャンセルになる場合があります。
  • 乗り遅れると船を追いかける手段が無い場合が多いです。

 

クルーズならではの行先

大物派垂涎、コスタリカのココ島(ココス)

コスタリカのプンタナレス港から約24時間の航海で行くココ・アイランド。

 

 シーハンターのツアーレポートはこちらです。 

世界遺産 ガラパゴスはダーウィン、ウルフ諸島

 

クルーズを運行できる会社を政府が制限しています。
 正式にダーウィン&ウルフへの運行許可が下りているのは下記の船です。 (2018/11月現在)

 船によって発着曜日、発着空港、クルーズルートが違います。

 

 

 

メキシコのソコロ諸島もクルーズでしか行けません

  11月~3月がシーズン。それ以外の時期、最近がコルテス海だけでなく。グアドルーペ島でホオジリザメのケージダイビングをやってたりします。

 

フィリピンは3月~6月のツバタハクルーズ

 この時期以外はマラパスカやアポリーフ等フィリピン各地でのダイブクルーズです。

ツバタハリーフ国立公園のページでは他にも沢山紹介されています。

 

 リゾート滞在費が高額になってきたモルディブもクルーズがよさそうです。

  ガイディングや見せてくれるものを考えると、日系のクルーズが良いでしょう。

  • カオリータの「プリンセス・ハシーナ」
  • 的場ガイドの「アイランドサファリ・ロイヤル」
  • ブルーKサファリの「ソレイユ」